表紙(裏表紙)の和柄和紙の差換え | オリジナル和装小物「なごり」シリーズ 「おまねき」用の和柄和紙

 「なごり」シリーズ製品は、季節やお部屋の雰囲気やお召し物に合わせて表紙の友禅和紙を差換えできます。
 中身の内容に合わせて色合いを変えることでも、お客様への内容の伝わり方も変わってきます。

 

※ご注意: 上の和紙は「おまねき」用の友禅和紙です。

ホーム > 表紙(裏表紙)の友禅和紙の差換え 手順

表紙(裏表紙)の友禅和紙の差換え 手順

 下記の手順で表紙(裏表紙)の友禅和紙の差換えを行います。(基本的に表・裏のどちらの表紙も同じです。)
 友禅和紙を無理に引き抜いたり、押し込んだりすると、友禅和紙が破れたり・しわの原因になりますので、慎重に作業してください。

ここでは「ごあんない」を例にしています。
(基本的に「びょうぶ」・「おまねき」も方法は同じです。)


表紙を外します。

表紙を外します。

  • 「おまねき」は表紙を本体から、「びょうぶ」と「ごあんない」は内ポケットから表紙を抜き取ります。
  • 力任せに強く引き抜くと破損・変形する場合がありますので、ご注意ください。

表紙から友禅和紙を抜き取ります。

表紙から和柄和紙を抜き取ります。

  • 友禅和紙は紙ですので、しわや破れに注意しながら慎重に作業してください。。
  • 抜き取った友禅和紙は、しわにならない様に大切に保管してください。
    (しわが入ると、再び表紙に入れるときに格子にしわの部分が引っかかり入れにくくなる場合があります。)

表紙に新しい友禅和紙を入れます。

表紙に新しい和柄和紙を入れます。

  • 表紙の格子に友禅和紙が引っかからない様に、格子を指でつまんで持ち上げながら友禅和紙を慎重に入れていきます。
  • 「おまねき」はサイズが小さいので、作業は慎重に行ってください。

  • 「おまねき」の和柄和紙替え

     

  • 最後の格子部分は、友禅和紙にしわが入りやすいので特に注意して入れてください。

表紙を元に戻します。

  • 表紙を元に戻します、この時も友禅和紙に「おまねき」の本体や「びょうぶ」・「ごあんない」の内ポケットを引っ掛けないように注意してください。

友禅和紙

 

このページのトップへ